ピアノはキレイに磨いておく | ピアノを高価買取してもらうためのコツ

ピアノはキレイに磨いておくと査定がアップします

ピアノの査定を受ける前に大切な事は「キレイにしておく」という事です。

 

買取られたピアノはメンテナンスや調律をされて次のオーナーの手に渡ります。
ですので買取査定に出す時は過度なメンテナンスは必要ありません。
日常的なメンテナンスがされていれば十分です。

 

ピアノを掃除して、キレイに磨いておく

 

ピアノ高価買取

 

ピアノを査定する人もプロですので、埃だらけでもきちんと査定はしてくれますが、手入れされていないピアノと判断されるとプラス査定はつきにくいものです。

 

ピアノの掃除の仕方

 

ホコリは掃除機やはたきで取り除き、専用のクリーナーで汚れをふき取りましょう。
これだけでも査定は変わります。
出来る範囲でOKです。

 

小さな傷はマイナスにはなりませんので心配いりません

 

生活でつく小さな傷などはほとんど査定に影響しません。
そのままにしておいてください。

 

傷を隠そうと自分で色などを塗ってごまかそうとする人がいますが、それがマイナス査定になる事があります。

 

可能ならば弾いておく

 

ピアノ高価買取

 

ピアノに限らず弦楽器というものは、弦の振動をボディで共鳴させて音を出します。
本体の木材は共鳴することでより響きがよくなります。

 

新品よりも使い込まれた楽器の方が良い音色がするのはこのためです。

 

楽器にとって音を鳴らす事はコンディションを維持するためにもとても大切な事です。
可能であれば定期的に音を出しておきましょう。

 

定期的に弾いているピアノでも88鍵全てを使うわけではありません。
普段あまり使わない鍵もお手入れの時などに音を出しておきましょう。

大切なピアノを売る時に損をしないコツ!

あなたのピアノはもっと価値があるかも?

大切なピアノを高値で売却するには、買取査定額を比較・検討しましょう!

最大5社の有名ピアノ買取会社が無料出張査定

関連ページ

壊れていても修理してはいけません | ピアノを高価買取してもらうためのコツ
ピアノは壊れていても修理せず査定に出す事をお勧めします。買取られた後修理やメンテナンスを受けますのでかけた費用が無駄になります。また修理にかかった費用ほど査定額はアップしないと考えた方が良いでしょう。
査定前に調律する必要はありません | ピアノを高価買取してもらうためのコツ
定期的に調律されていたピアノならば、査定前に改めて査定する必要はありません。
付属品が揃っていると査定にプラス | ピアノを高価買取してもらうためのコツ
購入時の付属品やオプションの純正部品は査定アップにつながります。査定時に一緒に見てもらいましょう。