ピアノのお手入れ | ピアノ買取

ピアノのお手入れ方法

ピアノの手入れ

ピアノの掃除

 

ピアノの外側はホコリが目立ちやすいので楽器用ハンディモップなどでホコリを払い、楽器用のクロスで掃除しましょう。
クリーナーを使う時は必ず専用の物を使用してください。
プラスチックや家具用のクリーナーには研磨剤や溶剤などが含まれている事があり楽器の塗装にダメージを与える事があります。

 

人の手が触れる鍵盤部分はもっとも汚れやすい場所です。
こまめに鍵盤用のクロスでふき取り汚れが目立つ部分は鍵盤用クリーナーがおススメです。

 

ボディ用と鍵盤用とクロスを分けておく事をポイントです。

 

ピアノの手入れ
関連記事:ピアノはキレイに磨いておく | ピアノを高価買取してもらうためのコツ

 

通気と換気

ピアノ内部は風通しが悪く、換気が不十分だと虫が発生する恐れがあります。
ピアノなど楽器に使われる木は上質な物が多く、また羊毛のフェルトも虫の好物と言えます。
被害が大きくなると音質や演奏に影響しピアノの価値を下げてしまいます。

 

ピアノ用の防虫剤も市販されていますが、定期的に蓋を開け風通しを良くすることがお手入れの基本です。

 

調律

ピアノの弦には20トンもの張力がかかっています。
時間の経過や演奏のたびにわずかづつ弦が伸び、音程が下がってしまうのは仕方ありません。
そのためグランドピアノやアップライトピアノなどのアコースティックピアノは定期的な調律が必要です。

 

一般的な使用なら一年に一度、よく弾く人や本格的にピアノを学んでいる人は半年に一度程度が目安です。
ピアノの調律

大切なピアノを売る時に損をしないコツ!

あなたのピアノはもっと価値があるかも?

大切なピアノを高値で売却するには、買取査定額を比較・検討しましょう!

最大5社の有名ピアノ買取会社が無料出張査定